提案

持っている不動産を売却したい、処分したいとなった場合、

方法としては大きく分けて2通りあります。

 

①仲介販売

②不動産の買取

 

似て非なるこれらの売却方法ですが、こちらを詳しく説明します。

・高く売りたい人は仲介販売

仲介販売とは絵で表すとこういう事です。

 

売主様(お客様)が所有されたままで購入者を探して売却を行う事。

不動産会社の立ち位置が売主様と買主様の間に入っているのが仲介と言われる所以です。

売出金額は売主様に決定権がある為、時間が掛かってでも相場より高く売りたい、という方は仲介販売が良いでしょう。

・早く売りたい人は不動産の買取

不動産の買取は不動産会社が売主様の不動産を購入します。

不動産の買取

買主が不動産会社になるので、買主を探す期間が不要になります。

但し、不動産会社は転売を目的とすることが殆どの為、仲介販売より買取金額は安くなる可能性が高いです。(車屋さんの下取りがこれと同じ)

・仲介販売向きの物件

・人気のエリア

・築年数が浅い

・売却資金を使う予定が定まっていない

・キレイで懸念される劣化等が無い

上記のような時間に制限が無く、売れやすい状態になっているものが向いています。

(掃除が行き届いている、建物の外回りもメンテナンスされている、土地の形が整形地、道路が広い等)

・買取り向きの物件

・築年数が古い

・空き家にしていた期間が長く、設備の不具合がある

・売却資金を利用する予定がある

・需要が少ないエリア

資金利用が決まっていたり、需要が少ないエリアは売却までに時間がかかると困ってしまう為、

買取りがお勧めです。

また仲介販売で売り難い(状態が悪い)のも買取りでご検討されるべきだと思います。

・不動産は物によっては負動産??

空き家増加、人口減少、地域過疎化など不動産を取り巻く環境は地方にとっては良くない市況と言えます。

まだ不動産は資産として捉えている方が多いように思いますが、

場所によっては金額に関わらず「売れない」不動産が増加しております。

先日のブログでも書きましたが、世に売りに出ている不動産が年々、増えております。

利用しなければ税金がかかり、維持管理も大変になりますので、お悩みの方は早めに不動産会社に相談される事をお勧めいたします。

子供たちに悩みの種まで相続しないように、有効活用できていないものは早く処分して、分けやすい形にして残していくことが大切だと思います。